表計算ソフトのエクセル活用テクニックに関して

エクセルの活用テクニックに関して

エクセルの活用テクニックに関しては、特に色々な面で考えるとエクセルもデータを取りまとめる際に名前順にしたり、様々な便利な機能を活用出来ます。まずはエクセルを利用する事で会議に提出する資料など棒グラフでわかりやすく示したりする事も出来るでしょう。そこはエクセル独自の機能であり、テクニックを考えながら活用すれば、便利にデータ集計も出来ます。計算式で電卓を使う事無く合計の数字や平均など算式を入れる事が出来ます。

エクセルは会社にとって戦力となる

エクセルを活用する事は、会社にとってそれぞれ作業に人を掛けていた部分が必要なくなります。エクセルで取りまとめたデータを集計すれば、事務の簡素化となり人件費を浮かせる事も出来ます。オートメーション化が進んでいる企業にとっては、それだけエクセルを活用する事でかなり素晴らしい状況となり、まずは会社としても素晴らしい戦力としてエクセル機能を利用する様ですよ。そこでメリットの高いエクセルの活用が考えられます。

エクセルを利用する人々

エクセルを利用する人々は、とても便利に自分が必要とする表計算の仕組みを活用しています。こう言った資料はエクセルで作ると集計も簡単になるなど、エクセルを利用すればそれだけ時間の短縮にもつながります。企業にとっては、それだけ有利な形でエクセルの活用を行える事となり、それを踏まえてまずはエクセルの多様を検討する必要があります。まずはデータを収集などしっかりとエクセルで集計しそれぞれに便利に活用で来る様ですよ。

CADは建築系の資格の中でも人気が高く、就職に結びつく可能性が高い資格の一つです。しかし、独学は難しいので、CADのスクールに通うのが就職への近道です。

ビジネスで使える!Excel関数の使い方

条件に合う数値だけで合計を求めるには

合計を求める関数にSUMがありますが、これは全ての数値の合計を求める関数です、作成した表のとある条件に合った数値だけで関数を求める場合がありますが、それを求めるのにどうしたらいいのかわからないことはないですか。条件に合う数値だけで合計を求めるには、SUMIFを使用します。条件を検索する範囲を指定し、その中から検索条件に合う数値を見つけて、それらの合計を求めます。SUMIFは1つの条件だけでの合計結果を求めますが、複数の条件を指定してそれに合う条件に合う数値の合計を求めるSUMIFSという関数もあります。

条件に合う項目の数を出力するには

値が入っているセルの数を出力する関数にCOUNTがあります。先程の合計の内容と同様に、条件に合う項目だけをカウントするため、専用の関数があることをご存知でしょうか。条件に合う項目の数を出力するには、COUNTIFを使用します。SUMIFと同様に、検索する範囲を指定し、条件を指定すれば、それに合う条件の項目だけがカウントされ、その数が出力されます。複数の条件を指定するにはCOUNTIFSを使用し、数値に関する条件を指定する場合は、「以上」や「以下」などを指定することもできます。

入力した条件から検索するには

顧客情報という表があれば、顧客コードからそのコードにあった顧客の名前や住所などを検索することができる関数があるのを、知っていますか。VLOOKUPを使用すれば、表の中から指定した条件に合った結果を表示することができます。顧客コードを入力すれば、顧客の名前や住所などがVLOOKUPで表示できるのです。しかし、顧客コードを指定しなかったら、VLOOKUP関数を入力したセルにエラーが表示されます。これを回避するために、IFERRORという関数を使用して、エラーになる場合は空白になるようにすれば、エラーが表示されません。

MOS講座は資格を取得するために必要な事を教えてくれる講座ですので、とても人気があり高い合格率を誇ります。