信用取引を使用する場合のリスクとメリット

信用取引をする前に覚えておくべきリスク

信用取引は株式の取引の際に補償金を元に2倍や3倍の取引ができる制度です。この制度のリスクは入金してある金額の2倍や3倍の金額の取引をするので株式が大きく下落したり、倒産などにより価値がなくなって入金してある金額を損失額が上回った場合には足りない分を追加で入金しなくてはなりません。このように元手以上の金額を取引できる分利益が出ればその分大きな利益が出ますが、損失もそれと比例して大きくなってしまうのです。

信用取引を使うことで失う可能性のある選択肢

株式投資には短い時間で少しの利益が出た時点で利益を確定させたり、逆に少しの損失が出た時に損切りをする場合もありますし、時間をかけて長くその銘柄を持つこともあります。信用取引を使って損失を追加で入金する必要が出た場合に支払う事ができないという事を避けるために入金してある額を上回る前に自動で売り注文を出すシステムがそんざいします。その為急激な下落などが起きてシステムが正常に作動しない場合を除き強制的に損切りする事になります。その為に短期的に大きな損失が出ても保有し続けるという選択肢を失うというデメリットもあります。

信用取引を使用する事で少ない資金で株式投資ができる

株式の取引をする投資家の中には大きな資金を持っている人もいればそうではない人もいます。大きな資金を用意できない人は資金の少なさがハンディキャップになる事があります。しかし信用取引を使用する事でこのハンディキャップを解決して株式投資をすることができます。信用取引にはメリットもありますが、それと比例してリスクも伴うので、当然信用取引を使用する場合にはしっかりと資金管理をして計画的に投資をしていく必要があります。

信用取引とは株取引において資金や株を担保にして預け、株の売買をおこなうことを言います。個人投資家においては一般的な取引となっています。