税理士試験合格に向けて!理論と計算をどう攻略するかを考える

税理士試験は5科目でそれぞれ理論計算がある

税理士試験は難関資格の一つと言われていますが、試験制度に大きな特徴があります。それは科目合格制度を取っているという点です。全部で5科目に合格することが求められますが、1科目合格すればそれは一生有効になりますので計画的に受験をしていくことも可能です。さらに一部の科目を除く各科目は、計算問題と理論問題に分かれているところも特徴です。それぞれにあった攻略方法が求められるのが税理士試験だといえるでしょう。

計算問題の攻略方法とは?

各科目の計算問題にはそれぞれパターンがあります。財務諸表論であれば試算表の作成、消費税や所得税、法人税等の税法科目であれば申告書の作成が求められるのが一般的です。特徴としては、時間内に解ききれないような膨大な問題量が出されたり、解くことが難しいような難解な問題が出題されるということでしょう。そのため、限られた時間内にいち早く得点できる箇所を探しだし、いかに確実にとれるところを得点するかが合格への近道となるでしょう。それを実現するためには、繰り返し演習問題を解く必要があるようです。

理論問題の攻略方法とは?

税理士試験の理論問題に対応するためには、最低限の暗記も必要だと言われています。科目によっては、暗記したものをそのまま書くような問題が出題される場合もありますので、暗記をしていないと太刀打ちできないケースもあります。また、事例問題など暗記が不要の問題であっても、条文の言葉を使って回答することが合格答案を書く近道だと言われていますので、最低限の暗記はしておいた方がいいでしょう。その上で、内容の理解を自分の頭をしっかり使ってやっておくことが必要です。

税理士の講座を受講する前に、無料の資料を請求して検討し、受講料などから自分に合った講座を選ぶようにします。