兄弟喧嘩で済まない!?意外と難しい遺産相続問題

遺産相続は第3者を間に入れて話し合いましょう

両親が亡くなった後に兄弟たちで遺産を分け合うことになりますが、この時に折り合いがつかずに揉めてしまうケースが多々あります。当人同士だけで話し合いを行っても一向に解決しないので、弁護士など第3者に間に入ってもらうのが最適です。最近では遺産相続問題をメインに取り扱っている弁護士も増えておりますので、インターネットなどで情報収集を行って、信頼できそうな弁護士の方を見つけて、遺産相続の相談を行ってください。

遺産相続で揉めないように生前に遺言書を書きましょう

残された家族が遺産相続で揉めないように、遺産を残す方は生前に遺言書を書いておくことをオススメします。法的に効力のある遺言書の書き方にはいくつかルールがありますので、インターネットで正しい遺言書の書き方を勉強してから行動してください。実際に口頭で家族に伝えて、亡くなった後に揉めているケースが増えていますので、面倒かもしれませんが手順をしっかりと踏んで遺産を相続することが必要です。自分一人で書くのが難しい方は、詳しい弁護士の方に相談してアドバイスをもらいながら進めましょう。

相続税の問題もしっかりと勉強しておきましょう

遺産を相続する場合、ある程度の金額になると相続税が発生します。それほどお金は残っていないという場合でも、自宅や土地が相続税の対象になるケースがありますので、詳しい情報をインターネットで調べておきましょう。家や土地に相続税がかかる場合、払えないと差し押さえになってしまいますので、家族で事前によく話し合ってどうするか決めておくのがベストです。現在はテレビでも遺産相続に関係する番組が放送されていますので、時間のある時に見ておきましょう。

遺産相続とは、血縁のある親族の財産を相続することで、続柄によって配分される財産額に差があることが注意点です。